Music Stadium24

J POP、K POP、HIP HOPなど音楽全般の記事を毎日更新してます! ご自身の興味ある記事をぜひお探しください^^『このサイトおもろいな〜』と思ったらフォローおながいします♪(´ε` )

    ご観覧ありがとうございます!読んでくれる方全員に少しでも楽しい時間が提供できたらな〜という思いで毎日投稿してます( ✌︎'ω')✌︎ぜひ楽しんでいってください!

    SPORT NEWS


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」 「



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 スタス ★ :2020/05/15(金) 14:43:04.06

    2020年5月15日 3時0分

     今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定・甲子園)を主催する日本高野連と朝日新聞社が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同大会を中止する方向で最終調整に入っていることが14日、分かった。今春のセンバツも中止となっており、開催を求める声が現場、ファンからも上がっているが、選手らの健康と安全を最優先したとみられる。20日の大会運営委員会で正式に決定する見込み。夏の甲子園の中止は、米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目となる。

     最後の夏を迎える3年生部員のためにも、開催の可能性を模索していた夏の甲子園大会が、今春のセンバツに続いて中止となる公算が大きくなった。関係者の話を総合すると、選手や関係者の健康、安全を最優先に考え、20日の大会運営委員会で苦渋の決断を下すことになりそうだ。

     開催に向け、最もネックとなったのが日程面。関係者によると、当初は今月6日までとされていた緊急事態宣言が延長されたことが大きいという。大半の学校が3月から続けている活動休止によるブランクが延びる一方で、7月上旬から本格的に開幕する地方大会までの準備期間は短くなった。

     万全ではないコンディションで臨んだ場合、熱中症など健康面の不安が強まる。感染リスクも、減らすことはできてもゼロにはできない。選手の安全を担保できないと判断した模様だ。甲子園大会と同時期に開幕予定だった全国高校総体(インターハイ、8月10日)と全日本大学野球選手権(同12日)が中止を決めたことも影響したとみられる。

     この日に39県の緊急事態宣言が解除されたが、日本高野連の小倉好正事務局長(62)は書面による代表取材に対し「休校措置の解除、部活動の開始、対外試合の取り扱いなど、各都道府県の情報収集に努めたいと思います」とコメントするにとどめた。

     一方で、中止になった場合、大会主催者は、都道府県高野連に対し、可能であれば地方大会に代わる公式戦を無観客で開催するように要望する見通し。すでに東京や三重などでは、代替大会の開催が検討されているが、本大会がなくなることで代替大会を8月下旬まで行えるようになり、準備期間を長く取れることになる。

     高野連では、代替大会の開催ガイドラインも作成中。春季大会が全国的に中止になるなど、準々決勝まで県大会を開催した沖縄以外は、今年は1試合も公式戦ができていない。「最後の夏だけでも3年生に試合をさせてあげたい」という声に応えられる可能性が高まる。甲子園がなくなっても、球児に晴れ舞台をつくるべく、できる限りの準備を進めている。

     ◆過去に中止となった甲子園大会(夏は当時の名称が中等学校優勝大会)

     ▽1918年夏(大正7年、鳴尾球場で開催) 第4回大会は、富山県に端を発した米価高騰に伴う暴動、いわゆる米騒動が全国に波及。代表14校が決定し、大阪入りしていたが中止に。14校にこの大会出場歴はカウントされている。

     ▽41年夏(昭和16年) 第27回大会は戦局が深刻化。文部省次官通達で全国的な催しが禁止され、地方大会半ばで中止に。翌42年春から46年春までは中断され、46年夏から再開。

     ▽2020年春(令和2年) 第92回大会は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月4日に史上初の無観客開催で準備を進め、中止も視野に入れて1週間後に最終決定すると発表。開幕8日前の11日にセンバツ史上初の中止が決まった。

    https://hochi.news/articles/20200515-OHT1T50012.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=hochi_baseball


    【【速報】夏の甲子園、中止へ 戦後初 新型コロナの影響で 】の続きを読む


    デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム, OBE(David Robert Joseph Beckham, OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。ポジションはミッドフィールダー(RSH, CH)。元イングランド代表。2013年に現役引退。



    (出典 www.crank-in.net)



    1 Egg ★ :2020/05/14(木) 00:18:35.57

    ベッカム氏の現在の姿に海外注目 「髪の毛の薄さが目立っていた」

    「貴公子」と称された元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の変わり果てた姿に驚きが広がっている。

    英紙「デイリー・メール」が激写ショットを公開すると、「まるで老人だ」「なんてことだ」「20歳は老けた」などの声が上がっている。

    ベッカム氏といえば、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍し、イングランド代表としても115試合17ゴールをマーク。
    甘いマスクも相まって世界中で高い人気を誇り、アイドル的プレーヤーとして一世を風靡した。

    現在45歳のベッカム氏。国民的スターの現在の姿が話題となっており、英紙「デイリー・メール」は「彼は髪の毛を維持するため、2018年に植毛を受けたと噂されている。
    しかし、日曜日にコッツウォルズでのショッピング中に撮影された写真では、ベッカムの髪の毛の薄さが目立っていた」と記している。

    車から降りた私服姿のベッカム氏を激写。以前より薄くなった頭部にクローズアップし、「自分のトレードマークである帽子をかぶらずに、抜け出した」と説明している。

    イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」も「ベッカムと抜け毛の謎」と報道。「抜け毛は多くの男性にとって悩みの種となる。
    元サッカー選手のデイビット・ベッカムのような*シンボルで、世界で最も美しい男性の1人とされている彼にとっても問題だ」と続けている。

    英紙の報道を受けてコメント欄では様々な意見が上がり、「まるで老人だ」「驚くべきことが起こった」「なんてことだ」
    「20歳は老けた」とファンも衝撃を受けた様子。その一方、「誰も気にしないよ」「それでもハンサムだ」などの声も並んだ。男まで知られるベッカム氏の激変ショットが反響を呼んでいる。

    2020年5月13日 21時15分 Football ZONE web
    https://news.livedoor.com/article/detail/18256245/

    写真

    (出典 cdn.corrieredellosport.it)


    【【サッカー】<貴公子ベッカム>変わり果てた激写ショットに世界衝撃「なんてことだ」「去年はフサフサだったのに」 】の続きを読む


    2019新型コロナウイルス(2019-nCoV, SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となるSARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)に属するコロナウイルスである。日本の国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼んでおり、「新型コロナ」と省略される場合もある。



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 ばーど ★ :2020/05/13(水) 14:37:54.43

    高田川部屋の三段目力士が新型コロナで死去 発熱後も数日間、医療機関が見つからず

    日本相撲協会は13日、高田川部屋の三段目・勝武士(本名・末武清考)が、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日0時半に死去したことを発表した。28歳だった。

     協会発表によると、勝武士は4月4日から5日にかけ、38度台の発熱。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所に電話をかけたが、つながらなかったという。6日から7日にかけ複数の病院に診断を依頼したものの受け付けてもらえず、医療機関が見つからなかったとした。

     その後、8日に熱は下がらず血たんの症状が見られたため救急車を要請。受け入れ先がなかなか見つからず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は、陰性だった。9日に症状が悪化。別の大学病院へ、転院したという。

     10日に受けたPCR検査で新型コロナの陽性が判明。19日から症状が悪化し、集中治療室で治療を受けていたがこの日、死亡したという。勝武士は、協会員としては初めて新型コロナに感染していた。

    2020年5月13日 12時58分 スポーツ報知
    https://hochi.news/amp/articles/20200513-OHT1T50112.html

    ★1がたった時間 2020/05/13(水) 12:42:33.39
    前スレ
    【訃報】新型コロナ感染の大相撲力士が死亡 高田川部屋の三段目 勝武士(28) ★4 [ばーど★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589345817/


    【【訃報】大相撲・高田川部屋の勝武士(28)が新型コロナで死去 発熱後も数日間、医療機関が見つからず 】の続きを読む


    自殺志願者が、お互いに合意の上で同時に自殺する集団自殺がある。インターネット上の自殺サイトを媒介として実行されたことがあった。戦争での集団自決とは異なる。 有名人の自殺の後追い自殺などを連鎖自殺、模倣自殺ともいう。



    (出典 www.city.suzaka.nagano.jp)



    1 みつを ★ :2020/05/02(土) 03:26:41.81

     4月30日夜、東京都練馬区のとんかつ店で火災があり、店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。男性は東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれていた。新型コロナウイルスの感染拡大で大会は延期されたうえ、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を周囲に漏らしていた。遺体にはとんかつ油を浴びたような形跡があり、警視庁光が丘署は出火の経緯を慎重に調べている。

     30日午後10時ごろ、同区北町2の鉄筋ビル3階建ての1階に入るとんかつ店から出火した。煙に気づいた近所の住民の119番で消防隊員らが駆けつけると、床と壁の一部が焼けており、客席付近で男性が倒れていた。搬送先の病院で、約1時間半後に死亡が確認された。同署は現場の状況から男性が油をかぶった可能性があるとみているが、遺書は見つかっていないという。

     近隣住民の話や地元ケーブルテレビのインタビュー番組によると、とんかつ店は創業50年の老舗で、男性は3代目の店主だった。埼玉県戸田市で生まれ、中学生の時に東京都板橋区に引っ越した。地元の高校を出て、法政大の夜間学部で経済学を学び、昼間はアルバイトで学費をためた。卒業後は慶応大にも入学。日本大大学院で修士課程を修了した後、妻の実家が営んでいた店を継ぎ、夫婦二人三脚で切り盛りしてきた。商店街の行事で中心的な役割を担うなど、地域への思いも強かったという。

     男性の趣味はマラソンだった。2005年に都内の市民マラソンに初めて参加し、ゴール地点で3人の娘に迎えてもらった。全国各地の大会にも参加するようになり、娘たちから手作りの表彰状をもらうのが楽しみだったという。

     19年12月には五輪の聖火ランナーに選ばれた。男性はフェイスブック(FB)で「申し込みの文章を妻や子どもたちに何度も添削してもらった。夢のようだ」と喜びを語っていた。今年7月18日に練馬区内を駆け抜けるはずだった。

     ところが、新型コロナの感染が世界中で広がった。五輪開催が危ぶまれるようになった3月に入ると、FBに「聖火が新国立競技場に届くことを願わずにはいられない」と投稿。延期が濃厚になると、周囲に落胆の色を見せるようになった。一方で「店で今日も明日もお客様を迎えられることに感謝しながら、料理を作り続けたい」と前向きな投稿もあった。

     3月下旬に五輪延期が決定し、4月7日には政府の緊急事態宣言が発令された。都による飲食店の時短営業の要請を受け、男性も13日から臨時休業に踏み切った。「働くのが大好きで、定休日も設けず家族旅行に行くのも数年に1度で、30年弱働いてきた。自問自答しているが、感染予防に徹したい」とFBに書いた。

     持ち帰りのみの営業で急場をしのごうとしたが、60代の知人には「コロナが収まらないと、もうどうやったってだめだ」と嘆き、29日には「店をやめたい」と漏らした。商店街関係者(78)は元気のない男性のことを心配し、火災当日の30日に練馬区役所に対応を相談していた。「皆から慕われていた。なんでこんな結果になってしまったのか」と悔やんだ。

     男性は28日、FBへの最後の投稿で、店舗の再開に向けて必要な消毒液が手に入らないことに触れ、「また振り出しに戻った」と先が見通せない苦しさを吐露した。この頃には5月6日までとされていた緊急事態宣言の延長が取り沙汰されていた。文末には「あなたの命を、家族を、大切な人を、社会を守るため、感染拡大を食い止める。その言葉を改めて心に刻みました」とつづった。

     家族は毎日新聞の取材に「頭の中の整理が追いついていません」と話した。【土江洋範、最上和喜、鈴木拓也】

    毎日新聞 2020年5月2日 01時01分(最終更新 5月2日 01時30分)
    https://mainichi.jp/articles/20200502/k00/00m/040/003000c

    ★1が立った時間 2020/05/02(土) 01:44:18.18
    ※前スレ
    【悲報】聖火ランナーのとんかつ店主(54)、火災で死亡 油を被って自殺か 生前は五輪延期や新型コロナ影響を悲観 ★3 [1号★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588355317/
    【悲報】聖火ランナーのとんかつ店主(54)、火災で死亡 油を被って自殺か 生前は五輪延期や新型コロナ影響を悲観 ★2 [1号★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588353363/


    【【悲報】聖火ランナーのとんかつ店主(54)、火災で死亡 油を被って自殺か】の続きを読む


    本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。日本の実業家。サッカークラブ経営者。ボタフォゴFR所属。ポジションはFW・MF。元日本代表。カンボジア代表GM・監督。 



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 おれゴリラ(光) [US] :2020/04/26(日) 17:07:24.12


     サッカー元日本代表MF本田圭佑(ボタフォゴ)が26日、自身のツイッターを更新。2本の連続ツイートでスポーツ選手やタレントら著名人による政治・経済の発言を推奨した。

     1本目の投稿で「日本ほどアーティストや俳優(女優)やアスリートなどが政治のこと話さない国はない。経済もそうやけど、もっと話そう。あなたの国のことだ!」と訴えた。

     2本目の投稿では「有名人が経済や政治について話すと、『余計なこと言わずに本業に集中しろ!』ってまずはこれを日本で禁句ワードにしよう。」と発言しづらい風潮を変えたい思いを付け加えた。

     本田自身もSNSで自らの主張を展開し続けている。この連続ツイートには多くのコメントがついた。

     「同感です。政治や経済は、自分たちの生活に直結しますからね」、「意見を封じ込める風潮が一番怖いと感じます」、「本当にそう思います。アンチの声に負けずに発信を続けて下さい!!」といった好意的な声が多かった。

     さらに「有名人だけに限らず、国民全体に政治について話しちゃいけない空気が蔓延しているせいで、間違った政府を批判すらまともに出来ず、政治がどんどん腐敗してますね。」という指摘をする声も出た。

     また、「ほぼ賛成なのですが、特に現在発言されている方の多くが不勉強というか浅いお話ばかりなのも課題かと感じます」と発言者側の問題を挙げる声もあった。

    https://this.kiji.is/627050739008521313?c=49404987701575680


    【本田圭佑、著名人の政治的発言呼びかけ「現在発言されている方の多くが不勉強というか浅いお話ばかり」】の続きを読む


    サガン鳥栖サガンとす、Sagan Tosu)は、日本の佐賀県鳥栖市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1997年2月4日に創設され、1999年よりJリーグへ加盟している。



    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 ニーニーφ ★ :2020/04/26(日) 11:48:53.33

     サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームス(竹原稔社長)は26日、第16期(2019年2月~20年1月)の収支決算を発表した。
    広告収入が8億1千万円(前期22億9千万円)と大きく減少したことなどが響き、当期純損益は約20億円の赤字となった。赤字は2期連続。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-03516585-saga-socc


    【【サッカー】J1・サガン鳥栖、20億円の赤字 赤字は2期連続】の続きを読む


    藤田 菜七子(ふじた ななこ、1997年8月9日 - )は、日本中央競馬会(JRA)所属の騎手。根本康広厩舎(美浦トレーニングセンター)所属。マネジメント先はホリプロ。 16年ぶりに誕生したJRA生え抜きの女性騎手として注目を集め、2018年にJRA女性最多勝利記録を樹立。翌2019年には史上初の女性騎手によるJRA重賞制覇を果たした



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    1 久太郎 ★ :2020/04/25(土) 12:41:12.98

    4月25日の福島1Rで藤田菜七子騎手(22歳)=美浦・根本康広厩舎=が、1番人気のシルバージャック(牡3歳、美浦・和田正一郎厩舎)に騎乗し勝利。好スタートを決めるとハナに立ち、そのまま後続を寄せ付けず悠々とゴール。女性騎手初のJRA通算100勝を達成した。2016年3月5日中山競馬での初騎乗から2150戦目。JRA重賞勝ち鞍は2019年のカペラS(GIII)。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-00000519-sanspo-horse


    【【競馬】藤田菜七子が女性騎手初のJRA通算100勝を達成!】の続きを読む


    国際オリンピック委員会 (IOCからのリダイレクト)
    IOC委員として任命される。このIOC委員で組織するIOC総会がIOCの最高意思決定機関となる。 IOC総会によってIOC会長、IOC副会長、理事会理事、会計役が選出され、これらの者で理事会を構成する。理事会の下には各種委員会が組織される。委員会のメンバーはIOC委員以外からも選任されることがある。



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)



    1 頭皮ちゃん ★ :2020/04/22(水) 10:30:09.15

    IOC22年への再延期検討求める声に「日本が対応できないと明言」

     国際オリンピック委員会(IOC)は21日、大会の1年延期に伴う追加費用について、公式サイトでの見解を訂正した。
    IOCは20日に延期による追加費用を日本が負担することに安倍晋三首相が同意したと公表。東京五輪・パラリンピック組織委員会は
    事実関係を否定するとともに当該部分の削除と訂正を求め、IOCはその要請に応じて安倍首相の名前を削除し、合同で議論を続けるなどと訂正した。
    IOCの追加費用負担への消極的な姿勢があらためて浮き彫りになった。

     IOCは20日に更新した公式サイトの中で、五輪の1年延期は日本の都合であることを強調した。

     新型コロナのパンデミック(世界的大流行)終息が不透明な中、すでに22年への再延期の検討を求める声も出ているが
    「日本のパートナー(組織委、利害関係者)と(安倍)首相が来夏以降の延期には対応できないと明言した」と明かした。

     また、「21年夏までにパンデミックが抑制されない場合は?」との質問には、「WHOのリスク管理と緩和策に従う。
    関係者全員にとって安全な環境でのみ五輪を開催するという原則に従う」と、回答している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000012-dal-spo


    【【五輪】IOC 2022年への再延期検討求める声に「日本が対応できないと明言」】の続きを読む


    東京オリンピック(とうきょうオリンピック) 実際に開催された、もしくは開催される予定の大会 1964年東京オリンピック - 1964年に開催された第18回夏季オリンピック東京オリンピック (映画) - 1964年開催の東京オリンピックに関する記録映画。



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)



    1 うさだ ★ :2020/04/21(火) 10:56:28.85

    【ジュネーブ共同】東京五輪・パラリンピックの1年延期で約3千億円規模の追加費用が見込まれている問題で、国際オリンピック委員会(IOC)は20日、「安倍晋三首相が、現行の契約条件に沿って引き続き日本が負担することに同意した」と明らかにした。日本側に負担を強いる姿勢をより鮮明にした。

    2020/4/21 09:30 (JST)4/21 09:41 (JST)updated
    https://this.kiji.is/625126785047102561

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587430463/


    【【オリンピック】安倍晋三、追加費用の負担に同意 3000億円】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/04/13(月) 10:57:53.47

    週プレNEWS
    新型コロナ問題と東京五輪延期で見えた「保守ブームの終わり」
    「コロナ問題がなければ東京五輪後に見るはずだったものを今、われわれは見ているのかもしれません」と語るモーリー氏
    『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが「保守ブームの終わり」について語る。

    * * *

    新型コロナの感染拡大による安倍政権の対応、そして東京五輪の延期決定までの混乱ぶりを見ると、ここ数年の「保守ブーム」が終焉(しゅうえん)を迎えることになるような気がしています。

    これまで安倍首相は"強いリーダー"を演出し続けてきましたが、実際にそこにあったのは強い意志ではなく、「なんとなく」さまざまな周囲のステークホルダーや"仲間"の都合を優先しつつ、「なんとなく」理想的な日本像とされるものに向けて共同幻想を形づくり、「なんとなく」進んでいただけだったのではないか。そのように感じられるのです。

    本当は東京五輪を成功させたところで、日本が抱える諸課題が解決されることはない(一時的な盛り上がりや関連事業のバブルはあったとしても)。にもかかわらず、五輪成功の先には輝かしい憲法改正があり、それによってジャパン・アズ・ナンバーワンの時代を取り戻せる――安倍政権はそんなムードを醸成しようとしてきました。

    トランプ米大統領にとって「MAGA(Make America Great Again)」というフレーズが"万能薬"だったのだとすれば、安倍首相にとってのそれは東京五輪の成功だったのでしょう。

    安倍首相はトランプ大統領のように、明らかな差別発言やヘイトスピーチをリツイートしたり、本人が露骨に差別意識をにおわせたりはしません。

    「日本人」が緩く連携し合うイメージ、心情的に「愛国」に傾くようなムードづくりをしつつ、平気で差別発言をするような"安倍応援団"的な右派論客らの存在を黙認することで利用してきたというのが実態に近いでしょう。

    これが安倍政権がつくり出した「右派のエコシステム」だったのです。本来であれば安倍首相本人なり、自民党の気概ある議員なりが、「こんなことを言う人々は本当の保守とは言えない」「保守にパラサイト(寄生)している人たちの意見が大きくなると日本は衆愚化する」くらいのことを言うべき場面は何度もあったと思いますが、そんなことは一切ありませんでした。

    その一方で、連立相手は数合わせの宗教政党。グローバリズムの規制緩和に乗り、見せかけの景気回復を実現させるも、実質賃金は上がらず格差は開くばかり。課題に対する本質的な議論は先送り......。そうした矛盾を全部解決してくれる"最後のおまじない"が五輪だったのです。

    安倍政権周辺の五輪に対する執着が、どれほど新型コロナ問題に影響を与えたかはまだわかりません。ただ、当初から思い切った策を打ち出すことなく、学校休校やイベント自粛要請をいったん2週間程度で緩和するかのような様子をうかがわせたことが、その後の感染拡大に負の影響を与えたとの見方が強くなれば、逆風はますます強まるでしょう。

    今思えば、東京五輪組織委員会の森喜朗会長の「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っている」というコメントは、日本の保守層の「なんとなくのロマン」を端的に表していたと思います。五輪に限らず、リニア、万博、カジノ......といったものも同じかもしれない。

    それを実現することでさまざまな問題が解決するかのような"スピン"が止まったとき、何が起きるのか。コロナ問題がなければ東京五輪後に見るはずだったものを今、われわれは見ているのかもしれません。

    4/13(月) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200413-01110950-playboyz-pol

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【新型コロナ問題と東京五輪延期で見えた「保守ブームの終わり」】の続きを読む



    1 1号 ★ :2020/04/07(火) 15:51:44.20

    1.「新型コロナウイルス感染症患者(157例目から159例目)の発生について」の別紙

    (訂正前)
    157 職業 スポーツ選手
    158 職業 スポーツ選手
    159 職業 スポーツ選手

    (訂正後)
    157 職業 自営業
    158 職業 自営業
    159 職業 自営業

    ※157から159の職業については、本人からの申し出により訂正することとなりました
    http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=37945


    【【速報】コロナ感染の阪神・藤浪晋太郎ら3名、自営業に転身】の続きを読む



    1 プーアル ★ :2020/04/01(水) 21:14:11 ID:4ftlPsxK9.net

    パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、J1ヴィッセル神戸移籍で合意したとフランスメディア「Lucarne Opposee」が報じている。

     同メディアによると、ウルグアイ地元紙「Ovacion」の情報を基に、カバーニの神戸移籍合意を報道。
    「トルステン・フィンク監督の下、アンドレス・イニエスタやトーマス・フェルマーレンらと共闘する」としたうえで、「セレッソ大阪でプレーした偉大なるディエゴ・フォルラン以来の日本でプレーするウルグアイ人プレーヤーになる」と伝えた。

    「Lucarne Opposee」は「この選択はパリのサポーターの反響を呼ぶだろう」としており、大物の“J参戦”が実現となれば、世界的にも大きな話題を呼びそうだ。

    https://www.football-zone.net/archives/254865


    【【サッカー】ウルグアイ代表FWカバーニ、J1神戸移籍か すでに契約合意と現地メディア報道】の続きを読む

    このページのトップヘ