Music Stadium24

J POP、K POP、HIP HOPなど音楽全般の記事を毎日更新してます! ご自身の興味ある記事をぜひお探しください^^『このサイトおもろいな〜』と思ったらフォローおながいします♪(´ε` )

    ご観覧ありがとうございます!読んでくれる方全員に少しでも楽しい時間が提供できたらな〜という思いで毎日投稿してます( ✌︎'ω')✌︎ぜひ楽しんでいってください!

    川崎病


    酒井 信彦(さかい のぶひこ、1943年 - )は、日本の学者、言論人、政治活動家。「主権回復を目指す会」顧問、「日本ナショナリズム研究所」所長、「自由チベット協議会」代表。儀礼文化学会会員。元東京大学史料編纂所(中世史料部門)教授。 昭和18年(1943年)、神奈川県川崎市出身。



    (出典 bio.nikkeibp.co.jp)



    1 Toy Soldiers ★ :2020/05/29(金) 13:59:56.17

     新型コロナウイルスをめぐって、中国の「武漢」を冠して「武漢ウイルス」「武漢肺炎」などと表現するのが、良いか悪いか問題になっている。「海鮮市場」にしろ、「病毒研究所」にしろ、武漢由来に違いないから、産経新聞では必要に応じて、使用されている。

     一方、朝日新聞は、3月29日の投書欄「声」で、静岡県の男性が米国のトランプ大統領やポンペイオ国務長官、日本では麻生財務相が、「中国ウイルス」「武漢ウイルス」と呼ぶのに、疑問を呈している。
    また、同紙の5月1日社会面の「『みる・きく・はなす』はいま」の欄では、葛飾区議の人物が演説で「武漢コロナ」「武漢肺炎」と連呼するのは、排外主義であると批判している。

     この問題については、朝日新聞デジタルにある福岡市の内科医の「医心電信」というコラム(3月9日)が解説していた。2015年に決められた「ヒトの新興感染症の名称に地名は使えないというルール」があるのだという。
    地名だけでなく動物の名、人名や職業名も使えない。このルールを知りながら、「意図的に『武漢肺炎』などと呼んでいたとしたら、これは差別に他なりません」とのことである。

     ただしこれでは、まだ不可解なことが多すぎる。今回、コロナウイルスに関連して「川崎病」と思われる幼児の患者が、米国で出現した。米国のニュース画面にも「KAWASAKI」とはっきり出ている。この場合、地名ではなく、発見者の川崎富作という人名であるようだ。

     先の「声」欄の筆者は「水俣病」を問題にして、その名のために「住民はいわれなき偏見に苦しめられ、就職や結婚で差別を受けた。海産物の風評被害は計り知れないものだった」と述べている。そういえば、「四日市ぜんそく」と言うのもあった。

     さらに日本人として不快なのは、国名そのものの「日本脳炎」であり、「日本紅斑熱」である。「川崎病」「日本脳炎」は、先ほどのルールに明らかに合致していない。しかしこのルールは、中東呼吸器症候群(MERS)をきっかけに決められたが、その後に発生した新感染症にしか適用されないのだという。

     あまりにも、不合理な話である。これでは「武漢ウイルス」を差別としながら、「中東差別」も「日本差別」も相変わらず温存されることになる。大いなる欺瞞(ぎまん)と言うしかない。新聞は、公害病の表現も含めて、この実情を明確に説明する責任がある。

    https://www.sankei.com/column/news/200524/clm2005240005-n1.html


    【【酒井信彦】「武漢ウイルス」が差別というなら「川崎病も日本脳炎」も差別 】の続きを読む


    川崎病(かわさきびょう、英: Kawasaki disease, KD)は、川崎富作によって発見された主に乳幼児がかかる発熱性疾患。突然の高熱が数日続き、目や唇の充血、身体の発疹、手足の発赤、首リンパ節の腫脹など様々な症状を惹き起こす。小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群。



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 ガーディス ★ :2020/05/09(土) 08:18:58.32

    [画像] コロナ関連の奇病で男児死亡 米NY、川崎病似の症状73人
    【AFP=時事】米ニューヨーク州在住の5歳の男児が、新型コロナウイルスへの感染が原因とみられる珍しい炎症性疾患により死亡した。同州のアンドルー・クオモ(Andrew Cuomo)知事が8日、発表した。

     クオモ氏はツイッター(Twitter)への投稿で「ニューヨーク(州)ではこれまで、川崎病と毒素性ショック症候群(TSS)に類似した症状で重症となる子どもが73人確認された」と表明。「木曜日(7日)には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって引き起こされたとみられるこうした合併症により5歳の男児が亡くなった」と述べた。

     クオモ氏は、ニューヨーク州保健省が調査を進めていると説明。保護者らに対し、子どもの発熱が5日間以上続いた場合には直ちに治療を受けさせるよう呼び掛けた。同氏によると、他の症状としては下痢や嘔吐、呼吸困難、皮膚の蒼白、胸の痛み、倦怠(けんたい)感が含まれる。

     川崎病は主に5歳以下の子どもがかかる原因不明の疾患で、血管壁に炎症が生じ、発熱、皮膚の剥離、関節痛を引き起こす。その他、発疹やリンパ節の腫れも川崎病の兆候となる。放置すれば心不全を引き起こす恐れがあるものの、治療を受ければ治る場合が多い。

     新型ウイルスに感染した子どもが発症する川崎病に似た症状については先月、英国民保健サービス(NHS)が最初に警鐘を鳴らし、その後フランス、イタリア、スペインでも複数の患者が確認されている。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18234099/


    【【速報】ニューヨークで川崎病か 川崎病似の症状73人 1人死亡 】の続きを読む


    川崎病(かわさきびょう、英: Kawasaki disease, KD)は、川崎富作によって発見された主に乳幼児がかかる発熱性疾患。突然の高熱が数日続き、目や唇の充血、身体の発疹、手足の発赤、首リンパ節の腫脹など様々な症状を惹き起こす。小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群。



    (出典 www.ntt-east.co.jp)



    1 ごまカンパチ ★ :2020/04/29(水) 14:09:30.17

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200428-00000155-nnn-int
    ※リンク先に動画あり

     イギリスで、子どもが体に重度の炎症などを起こす珍しい症例の報告が相次いでいることが分かりました。
    イギリス政府は新型コロナウイルスと関係している可能性もあり得るとして、警戒を強めています。

    イギリスメディアは27日、体中に炎症を起こし、高熱や呼吸困難などを伴う子どもの症例が国内で10件以上確認されていると報じました。
    全身の血管に炎症が起き、様々な症状が出る川崎病によく似ており、全員が集中治療室に入るほど重い症状だということです。
    この中には新型コロナウイルスに感染している子どもも含まれているということで、イギリス政府は「確かなことは分からないが、関連している可能性もある」としています。

    ウィッティ首席医務官「はっきりとは分からないが(新型コロナウイルスと)関連する可能性は確かにあるように思える」
    また、ハンコック保健相も「非常に心配している」とした上で、政府として警戒を強め、情報収集などを進めていることを明らかにしました。


    関連ニュース
    英国で多臓器に炎症を起こす子供の症例増加-新型コロナと関連か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-59911915-bloom_st-bus_all

    ★1:2020/04/28(火) 17:38:20.58
    前スレ
    【症例】“子どもに体中の重度炎症”相次ぐ コロナ関係か 全員が集中治療室に入るほど重い症状 川崎病によく似る イギリス [ごまカンパチ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588063100/


    【【症例】“子どもに体中の重度炎症”相次ぐ コロナ関係か 全員が集中治療室に入るほど重い症状 川崎病によく似る 】の続きを読む

    このページのトップヘ