1 湛然 ★ :2020/03/20(金) 05:07:05 ID:VyptvSyk9.net

3/20(金) 4:00 スポニチアネックス
「半沢直樹」豪華新キャスト一挙15人発表!賀来賢人、江口のりこ、柄本明ら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00000002-spnannex-ent
TBS日曜劇場「半沢直樹」に出演する(上段左から)賀来賢人、井川遥、戸次重幸、江口のりこ。(中段左から)市川猿之助、尾上松也、南野陽子、筒井道隆。(下段左から)古田新太、今田美桜、井上芳雄、柄本明

(出典 amd.c.yimg.jp)



 俳優の堺雅人(46)が主演を務め、4月に7年ぶりの続編がスタートするTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の新キャスト15人が一挙に発表された。主人公・半沢直樹の前に立ちはだかる新たな敵役に歌舞伎俳優の市川猿之助(44)古田新太(54)江口のりこ(39)筒井道隆(48)ら、半沢と一緒に闘う新たな同志役に賀来賢人(30)今田美桜(23)、ドラマオリジナルキャラクターの小料理屋の女将役に井川遥(43)が決定。豪華かつ実力派の面々が集結し、春ドラマの大本命作品がさらに盛り上がるのは間違いない。

 前作はベストセラー作家・池井戸潤氏の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。2013年7月期に放送され、東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 続編は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。半沢の妻・花役の上戸彩(34)、半沢と同期の頼りになる情報通・渡真利忍役の及川光博(50)、半沢の前に立ちはだかったオネエ口調の金融庁検査官・黒崎駿一役の片岡愛之助(48)、半沢に東京セントラル証券への出向を命じた頭取・中野渡謙役の北大路欣也(77)、半沢の最大の敵となった大和田暁常務役の香川照之(54)と主要キャストも続投。出向先の東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 前半は、大手IT企業の敵対的買収案件をめぐり、半沢が出向元の東京中央銀行と対立。後半は、航空会社の経営再建をめぐる物語となる。

 ▼賀来賢人(東京セントラル証券のプロパー社員・森山雅弘、半沢の部下。日曜劇場初出演)(中略)

 ▼今田美桜(東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳、半沢の部下。日曜劇場初出演)(中略)

 ▼戸次重幸(PC・周辺機器販売大手フォックス社の社長・郷田行成、買収劇の中で半沢が絶体絶命の状況に陥った際にホワイトナイトとして現れるが…)(中略)

 ▼井上芳雄(IT企業スパイラル社の創業メンバー・加納一成)(中略)

 ▼南野陽子(アジア進出を視野に事業拡大を目論む大手IT企業・電脳雑技集団の副社長・平山美幸。日曜劇場初出演)(中略)

 ▼江口のりこ(アナウンサーから政治家に転身した国土交通大臣・白井亜希子、大手航空会社・帝国航空の再建をめぐり“半沢つぶし”の急先鋒)(中略)

 ▼筒井道隆(白井大臣が立ち上げた再生組織・帝国航空再生タスクフォースのリーダー・乃原正太)(中略)

 ▼柄本明(白井大臣を支援する進政党の大物議員・箕部啓治)(中略)

 ▼古田新太(東京中央銀行の中野渡頭取と敵対する同行の副頭取・三笠洋一郎、半沢をピンチに追い込む。「佐々木夫妻の仁義なき戦い」以来12年ぶりの日曜劇場出演)(中略)

 ▼井川遥(半沢や渡真利が情報交換をする行きつけの小料理屋の女将・智美)(中略)

 ▼尾上松也(IT企業スパイラル社の創業者・瀬名洋介)(中略)

 ▼市川猿之助(三笠が目をかけている東京中央銀行証券営業部部長・伊佐山泰二)(中略)
 
他、池田成志(57)が半沢と同じく銀行からの出向組で銀行へ戻るため、あれこれ画策する諸田祥一、山崎銀之丞(57)が大手IT企業の敵対的買収の件で、買収される会社のアドバイザーとして関わる太洋証券営業部長・広重多加夫、土田英生(52)が美幸の夫で大手IT企業・電脳雑技集団の社長・平山一正を演じる。

※出演者のコメント省略
(おわり)


【【ドラマ】「半沢直樹」豪華新キャスト一挙15人発表!賀来賢人、江口のりこ、柄本明ら】の続きを読む