1 首都圏の虎 ★ :2020/04/07(火) 16:19:29.36

 トヨタ自動車は4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援する取り組みの概要を発表した。グループ各社と協力してさまざまな施策を行う。

医療現場への支援
 医療用フェイスシールドを3Dプリンタなどで製作し、医療機関に提供する。現在、自社工場で生産準備を進めており、週500~600個程度の生産を目指す。また、グループ企業での生産が可能かどうかの検討も進めているという。

 医療機器メーカーに対しては、トヨタ生産方式のノウハウを提供し、人工呼吸器などの増産を支援する。トヨタを中心とした支援チームを結成しており、関係各所との調整を進めている。また、グループのアイシン精機が病院向けの簡易ベッド台、消毒液容器、簡易間仕切り壁など、医療機関が必要とする備品の生産で協力できることがないかを調査している。

 なお、トヨタは海外でも医療機関に衛生用品を寄贈したり、医療従事者向けの車両を提供したりといった支援策を実施しているという。

マスクの自給自足
 マスクが慢性的に不足していることを踏まえ、グループ内の生産活動で必要になるマスクの自給自足も進める。市場からの調達量を減らすことで、マスク不足の緩和に少しでも寄与する狙いがある。

 グループのデンソーでは、4月中の生産開始を目指し試作品の生産に着手。軌道に乗れば1日当たり10万枚の量産が可能になる見通しだという。

 トヨタ紡織は4月上旬から自社工場でマスクを1日当たり1500枚生産する。5月以降は1日当たり1.2万枚の生産を目指す。

 マスクの自社生産はアイシン精機、ダイハツ工業、日野自動車などでも検討しているという。

4/7(火) 14:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000058-zdn_mkt-bus_all

(出典 lpt.c.yimg.jp)


【トヨタがマスクの生産に着手 グループの“自給自足”で品薄状態の解消に協力】の続きを読む