Music Stadium24

J POP、K POP、HIP HOPなど音楽全般の記事を毎日更新してます! ご自身の興味ある記事をぜひお探しください^^『このサイトおもろいな〜』と思ったらフォローおながいします♪(´ε` )

    ご観覧ありがとうございます!読んでくれる方全員に少しでも楽しい時間が提供できたらな〜という思いで毎日投稿してます( ✌︎'ω')✌︎ぜひ楽しんでいってください!

    Hi-STANDARD


    【特集】Hi-STANDARDからの贈り物「The Gift」その真意とは


    Hi-STANDARD(ハイスタンダード)は、日本のパンク・ロックバンド。PIZZA OF DEATH RECORDS所属。略称はハイスタ。 現在のパンクロックシーンに絶大な影響を与え、日本のパンクロックを語る上で非常に重要なバンドである。 



    (出典 musicsark.info)


    UtaTenさん、かな〜り、かな〜り深い考察ありがとうございます。




    目に止まった瞬間、あこれはもっと多くの人にシェアをするべきだと思いまとめさせていただいた限りです。




    歌詞の一文、一文理のかなった考察をありがとう。





    アルバム自体は少し前に発売されたものですが、時間の時空を超えた今だからこそ紐解ける。




    <対訳>
    誰かになろうとなんてするな
    誰でもない お前自身になるんだ
    よく自分を見てみろよ
    お前だけに贈られたギフトを見つけるはずさ




    ⬇️《UtaTenさん》の紐解き



    お前はお前であり、世界で唯一無二の存在であり、変わりの効かない存在である。自信をもって突き進め。そうすれば自ずと自分にしかない“ギフト”に出会えるはずだ。

    ハイスタならではのどストレートであたたかい、そんな応援メッセージがサビには込められている。

    ここでまた、ハイスタメンバーが歩んだ道のりと歌詞での主張がリンクしてくるのだ。
    別々の道を歩み続けてきたハイスタの3人の道を少しだけ紹介したい。

    横山健(Gt/Vo)はKen Yokoyamaとして、バンドとしての歩みを止めずパンクロックを絶えず世に出し続け、さらにはハイスタが所属していたレコード会社“PIZZA OF DEATH”の社長としても会社を守り続けてきた。

    難波章浩(Vo/Ba)は様々なジャンルの音楽にトライした後、現在のバンドであるNAMBA69を結成し、パンクサウンドを世に送り出している。

    恒岡章(Dr)は様々なバンドのサポートに積極的に参加し経験値を積み続けた。

    それぞれ別々の活動を進めていく中で、自分自身を見つめ直し、新たに唯一無二の魅力を新たに見出した。

    そんな3人が再びともに歩みをはじめ、辿り着いた境地がこの「The Gift」なのである。

    新生ハイスタの象徴ともいえる一曲になっている。

    ここからは、歌詞や曲ではなく…。彼らが行動で伝えたい「The Gift」の真意にせまっていく。




    ⬆️この紐解きが一番心を貫かれました。



    THE GIFT
    Hi-STANDARD
    ピザ・オブ・デス・レコーズ
    2017-10-04




    ⬇️ツイッター民たち



    【【特集】Hi-STANDARDからの贈り物「The Gift」その真意とは】の続きを読む


    『悲報』「Hi-STANDARD」 横山健、体調不良でライブ中止【詳細はブログへ】













    とても心配です...

    詳しいことはわかっていませんが、無理をせずしっかり休んでいただきたいですよね...

    元気になってまたファンの皆さんに勇気をつけてくださることをお祈りしています。




    (出典 soundslikeshit.net)






    メイキング・ザ・ロード
    Hi-STANDARD
    PiZZA OF DEATH RECORD
    1999-06-30





    ではでは〜〜


    【『悲報』「Hi-STANDARD」 横山健、体調不良でライブ中止【詳細はブログへ】】の続きを読む

    このページのトップヘ